Ripple Mark

配信シングル

Lyrics

星の砂敷き詰めた
小箱の隅で初めまして
揺るがされ 転がされ
今じゃそんなこと分かっているって
言えるような夏の日の夢よ
永遠であれ

波に飛び乗って君とどこまで
歩いてゆける まだまだ
信じていたって時にハラハラ
だけど離さない そこにマークがあるから

胸の岸辺は続けど
貝殻が刺さる裸足の裏
揺るがされ 転がされ
未だに見失う時もある
記したんだ いつでも帰れるように
頷けるように

波に逆らって留まろうとも
足が届かない 待って待って
肩に掴まって時にワガママ
だけど転ばない どこにリーフがあるかな

今さらわれていく うねりの中で
濁った先の目印
その手を伸ばして一つになる

波に飛び乗って君とどこまで
歩いてゆける まだまだ
信じていたって時にハラハラ
だけど離さない そこにマークがあるから

波に飛び乗って君とどこまで
歩いてゆける まだまだ
繋いでいたって時にサヨナラ
だけど終わらない そこにマークがあるから

Credits

Produced by 山本幹宗
Lyrics:仙田和輝
Music:仙田和輝 
Arrangement:山本幹宗

Electric Guitar, Programming:山本幹宗
Drums:屋敷豪太
Electric Bass:佐藤征史
Electric Piano :西野恵未

Recorded by 谷川充博 at Victor Studio, Studio First Call
Mixed by Charlie Holmes
Mastered by 柴晃浩 at TEMAS

Music Video

ディスコグラフィ一覧をみる